研究 - Ambigram Laboratory

研究をまとめてみる(2)

デザインの読みやすさついて、一般的な話しも含めて書きます。

まずは言葉の定義。アンビグラムに特化した定義ではありません。
【文字記号空間】(造語) 文字(記号も含む)についていくつかの特徴量を定義してベクトル空間とし、ある1つの文字(記号)をこのベクトル空間上の1つのベクトルとして表現したとき、ある個人が有する文字・記号のすべてのベクトルの集合。習得している言語、習得レベルにより文字記号空間は変化する。
イメージとしてはこの論文が近いような、そうでもないような。
ベクトル走査法による文字空間の構成
デザインを見せる対象が誰か、上記の観点で意識しましょう。

【想起】 あるデザインが、意味のある文字列に見えてくる現象。
最初はゲシュタルト崩壊の逆の意味合いで「ゲシュタルト再生」と名付けました。ですがニューラルネットワークによる「想起」のようなイメージに近いと思い、「想起」にしました。この雰囲気、分かる人には分かるでしょう(トートロジー)。
デザインするときには、想起されやすい方法、表現が重要です。

【カラーバス効果】 ある属性に対する意識が強いほど、その属性に関連する情報が認知されやすくなる現象。
ちょっと違うも知れませんが、たとえばあるサッカー選手名がデザインしてあって、一目では読めないとします。何もヒントがなければなかなか読めなくても、デザインの一部にサッカーボールが入っていれば、サッカー選手の名前と結びついて読める可能性は高くなるでしょう。
崩したデザインの可読性(想起のされやすさ)に影響する効果です。

上記のような定義をしてoscillationの実験をしました(8つのベジエ曲線による振動的ゲシュタルト再生に関する実験と一仮説)。評価したかったのは(当然これだけじゃ評価はできないんですが)、文字記号空間の違いやカラーバス効果の影響があるのかどうか、です。実はこれは、回答に想定外のパターンが出てきてしまったのでちょっと失敗かなと思っています。実験としては「姉派?妹派?」のほうが適切でしょうか。見せ方は違いますが。

上記の実験では、2つ(あるいは3つ以上)の文字同士のベクトルが近いケースです。こういうケースではoscillationアンビグラムが作れるよ、ということです。oscillationを狙うときには、1文字でデザインするのが有効です。逆に、oscillationさせたくない場合には、熟語にするなど効果的なヒントを盛り込むことで、片方の文字が想起されやすくなります。
一方、ある文字のベクトルが周りのベクトルからかけ離れていると、単独の文字でも想起されやすい、ということもいえます。

いろいろ過去の記事を眺めてみてください。



ロリポップ!なら月々105円から
WordPressなどの簡単インストールやカート機能、
アクセス解析、ウェブメーラーも標準装備!

研究をまとめてみる

昔、tsukeneさんのブログに最初に伺ったときにコメントしたことを振り返ってみます。
アンビグラムと回文について、何となくその場で考えて、深く考えずに書き込んだはずですが、意外に正しい気がします。


回文とアンビグラム(inversion)とは似ているところがあります。しかし、作品を作る上での自由度のレベルが違うため、作るのに必要なスキルは全く異なると考えます。
的を射た例えではないかも知れませんが、次のような対比ができるでしょう。

[回文]古典力学的←→[inversion]量子力学的

意味するところは次の通りです。
[回文]
 それ以上分解不可能な「音」(または文字)が原子に相当します。
 「対称になる」という束縛条件の下で、「意味が通じる」ように原子単位で入れ替えられて並んでいます。
 出来上がったものは一つの分子になります。
[inversion]
 デザイン全体が一つの原子に相当します。その中身は様々な量子で成り立っています。
 「対称になる」という束縛条件の下で、量子の雲が「読める」確率の高い確率分布にしたがって存在しています。
 これを観測すると、読めるデザインである確率が高いです。


いま振り返ると、上に述べた考え方が非常に大事でした。
自分のアンビグラムデザインのデザイン方法は上記の考え方が根底にあります。
そして、「やってみたいこと」にも関係してきます。

<続くです>



ロリポップ!なら月々105円から
WordPressなどの簡単インストールやカート機能、
アクセス解析、ウェブメーラーも標準装備!

8つのベジエ曲線による振動的ゲシュタルト再生に関する実験と一仮説

a-a-amp.png

ぱっと見てどう読めたでしょうか。
よろしかったら、どう読めたかコメントをお願いします。


タイトルは意味不明かもしれませんが、要するに
「観測者の属性や現在の興味の対象によってゲシュタルト再生度は変化する」
ということを言っているだけです。
ゲシュタルト再生度が何を意味するかわからなければ、
「各人の文字記号空間が違っている」
と言ってもいいでしょうか。<もっと意味不明

たとえば、誰かが「乙」と書いたとしましょう。これを
(a)日本の子供が見れば「て」や「こ」と読みそう。
(b)日本の大人が見ればちゃんと「乙」と読む確率が高そう。
(c)外国の(日本語を知らない)子供なら「2」や「Z」かもしれません。
(d)数学者なら「τ」と読んでしまうかも。
ということです。

この仕組みを利用して、観測者の属性値をテストすることができそうですよね。
文字的ロールシャッハテスト、とでも言ってみましょうか。

#勝手に言葉を作りすぎ。



ロリポップ!なら月々105円から
WordPressなどの簡単インストールやカート機能、
アクセス解析、ウェブメーラーも標準装備!

前後も反転してみたら?

a-zengo.PNG

・・・ちょっと変ですね。
どのようにみればアンビグラムと言えるでしょうか?

おそらく普通のinversionタイプは、「180度回転」ととらえるのが一般的でしょう。私も普段はそのように認識しています。
ここで、ちょっと前に考えた座標変換の視点でinversionを考えてみると、「180度回転」=「x軸反転」+「y軸反転」というのに気がつきます(平行移動は無視)。
そこで、「軸反転」の視点でアンビグラムの拡張を考えてみます。自然に拡張するには「z軸反転」を追加するしかないのですが。

z軸は「上下」「左右」と別の軸ということで「前後」といっておきます。前後を表現するには、(1)図形の重なり方(2)ストロークの太さ を利用できるでしょう。
上のものは重なり方で前後を表現してみました。「前後」なしでも形になると思いますが、ありのほうが点画がはっきりするので、「前後反転」が有効に機能しているといえそうです。



ロリポップ!なら月々105円から
WordPressなどの簡単インストールやカート機能、
アクセス解析、ウェブメーラーも標準装備!

序破急

a-jo_ha_kyu.PNG

読みにくいものもあるかな・・・
回転がわかりやすいように配置。
ヱヴァのほうでこの言葉を知った人も多いかも。

さて、今回のパターンではT1="序"、T2="破"、T3="急"として、
T2=f(T1,M270)
T3=f(T2,M270)
となります。
T1=f(T3,M180)は自明です。

ここで、本当のターゲットはT="序破急"です。しかし、T自身の簡単な変換ではこのアンビグラムのパターンを表現できそうもありません。
ということで、T1,T2,T3に分解して表現するしかないのかも知れません。



ロリポップ!なら月々105円から
WordPressなどの簡単インストールやカート機能、
アクセス解析、ウェブメーラーも標準装備!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。