アンビグラムの作り方 (3) - Ambigram Laboratory

空条承太郎(5)

対応付けができたのでバランスを整えましょう。

m-jojo-31.PNG

「夂」が頭でっかちに見えるので、はらいをちょっと伸ばしましょう。

m-jojo-32.PNG

「太」の右はらいをなめらかに。

m-jojo-33.PNG

「夂」の上の部分をつなげる感じに調整しつつ、はらいをきれいに整えます。

m-jojo-34.PNG

今までの分をつなげるとこんな感じです。

m-jojo-35.PNG

「夂」の下に「木」が入ることを考えると、「夂」はちょっと大きかったかも知れませんね。これは全体ができてから調整しましょう。

続いて「木」+「承」で中心部分を作ります。

(続く)




ロリポップ!なら月々105円から
WordPressなどの簡単インストールやカート機能、
アクセス解析、ウェブメーラーも標準装備!

空条承太郎(4)

(2)夂/太
「条」の上半分「夂」と「太」ですが、「夂」は文字の一部分ですので、「空/郎」よりは若干高さを小さくします。「太」の高さもそれに合わせます。

m-jojo-21.PNG

「空/郎」のように端から作りたいのですが、どれを対応付けたらよいのか分かりにくいですね。こういうときは直線部分の対応をきっちり決めてしまいましょう。
「太」の横棒を「夂」のどちらのはらいに対応付けるか、になります。
まず、「太」の横棒には、それにクロスするように縦方向の線が2本重なっているものととらえることができます。これと同じ重なりの関係を作るには、「夂」の右はらいを中心に考えればよいことが分かります。よって、最初の対応付けが決定します。

m-jojo-22.PNG

画数が少ないのであとは単純ですね。「夂」の長いほうの左はらいと「太」の左はらいを対応付けます。

m-jojo-23.PNG

続いて「夂」の短いほうの左はらいと「太」の右はらいです。角度は両者の中間くらいで。

m-jojo-24.PNG

最後に残りの部分で対応付けは完了です。

m-jojo-25.PNG

画数が少ないと、ちょっと崩しただけでも文字の認識率が下がってしまうのですが、文字列として認識してもらうことでカバーできます。それでも、一文字として認識できるに越したことはないのですが。

続いて微調整です。

(続く)




ロリポップ!なら月々105円から
WordPressなどの簡単インストールやカート機能、
アクセス解析、ウェブメーラーも標準装備!

空条承太郎(3)

引き続き形を整えていきます。
今度は「空」「郎」とも正位置で見てバランスを調整します。

m-jojo-11.PNG

「空」が左に傾いた感じなので、右に傾けてみましょう。

m-jojo-12.PNG

やっぱりおおざとが小さいです。「空」が変にならない程度に大きくします。

m-jojo-13.PNG

「郎」の「白」部分のバランスが悪いので「郎」としての認識率が悪そうです。「部」にも似ているのが災いしています。横線3本を等間隔に調子しつつ、細かいところをいじっておきます。

m-jojo-14.PNG

ひとまず文字としては完成です。「ひとまず」と言っているのは、まだ「文字列として」調整の余地があるためです。デザイン全体としてのバランスのほうが重要ですからね。

次は「条」の上半分「夂」と「太」に移ります。

(続く)



ロリポップ!なら月々105円から
WordPressなどの簡単インストールやカート機能、
アクセス解析、ウェブメーラーも標準装備!

空条承太郎(2)

「空条承太郎」をinversionタイプで作ります。

形づくりの手順ですが、両端→中心と作っていけば過不足なく仕上がるでしょう。

(1) 空/郎
「空」と「郎」で対応付ければよさそうなのでまずは文字を書いてみます。片方は180度回転しておくとやりやすいでしょう。紙でも電子でもやりやすい方法でやりましょう。
第一段階は点画の対応付けです。

m-jojo-01.PNG

文字単位でも端からマッチングをとるのがよいでしょう。
まずは「空」のウ冠部分(部首は穴冠ですけど)と、「郎」でそれに相当する部分を抜き出してみます。

m-jojo-02.PNG

点画の位置や長さは、両者の中間になるようにとっておきます。隙間についても同様で、片方のみ線がつながっていないのであれば中間の幅の隙間にしておきます。
続いて「空」の「八」の部分です。

m-jojo-03.PNG

右はらいは半分だけ。左はらいは下に伸ばし、「郎」のおおざとは下に縮めます。バランスが崩れますが、いったんは進めてしまいましょう。
「郎」のおおざとが中途半端だったので、「空」の穴冠をくるっとまるめておおざとっぽくします。
さらに、残りの点画からすると「郎」の左端の縦棒が余りそうなので、穴冠を伸ばしてしまいましょう。

m-jojo-04.PNG

残りの部分のうち、直線部分はなんとかマッチングがとれそうです。

m-jojo-05.PNG

「空」のほうのバランスが大きく崩れますが気にしない。
「郎」の頭の点だけが取り残されましたが、短めにくっつけておきましょう。

m-jojo-06.PNG

「空」に対しては余計な点ですが、他の部分が「空」と認識できれば問題ありません。
続いてバランスを整えます。

(続く)



ロリポップ!なら月々105円から
WordPressなどの簡単インストールやカート機能、
アクセス解析、ウェブメーラーも標準装備!

空条承太郎(1)

ではアンビグラムを作ってみましょう。

ひとまず紙に「空条承太郎」と書いてみます。この文字を眺めながら以下の作業を進めていきます(慣れれば脳内でできます)。

まずはどのタイプで作るかを決めます。
(1) inversion
(2) mirror
(3) totem

それぞれのタイプについて、(A)両端のマッチングと(B) 対称の中心(あるいは軸)、(C)残りの部分のマッチングの順にうまく定まるかを考えます。基本は文字単位での対応付けです。(1)〜(3)は個人的な優先順位なので、「mirrorタイプが作りたい!」という人はそちらから考えてみましょう。

(1) inversion
(1-A) 「空」のとなりに「郎」を180度回転して並べてみます。字画の密度は同程度なので文字単位で対応づけられそう。形についてもこれくらいの画数があれば何とかなりそう。
(1-B) 中心の文字は「承」。点対称に近いので大丈夫そう。
(1-C) 「条」と「太」は画数が違いすぎるので、「夂」と「太」で対応付けてみます。これが何とかなったとする(何とかするんですが)と「木」と「承」で中心部分を作ることになりますが、雰囲気が似ているので何とかなりそうです。
判定→○

inversionでいけそうなのでinversionで作ってみます。ここで、「条」を縦に分解してしまったので、「空条承太郎」は(基本的には)縦並びというのが決定します。

次回は形づくりに入ります。

(続く)


おまけ(というか、結構重要かもしれないお話)

ほかのタイプだとどういう判定になるでしょうか?

(2) mirror
文字数が多い場合は縦か横のmirrorタイプを考えてみます。
(2-A) 「空」と「郎」を並べます。字画の密度、形については(1-A)と同じ。横タイプは(1)よりは作りにくく、縦タイプは(1)と同じ作りやすさと判断します。
形づくりをしていくときに「小細工」が利くのは曲線部分と短い点画です。長めの直線部分をいじると文字の認識率が落ちます。よって、「小細工が利かない直線部分を重ね」たほうが作りやすいのです。
「空」では下の「工」の部分、「郎」では左上の「白」の部分が直線の密度が濃いといえるので、180度回転・縦反転したほうが作りやすそう、という判断になります。

ということで縦タイプのほうがよさそうということになりました。そうするとinversionで思考実験した結果とほとんど同じになります。

(3) totem
比較的文字数の少ない日本語では適用するケースは少ないでしょう。もしやるとすれば、「空条」が上、「承太郎」が下の二段組みでしょう。これは字画の密度から判断します。
うまくいくかの判断ですが、この場合は各段ごとにマッチングを考えます。
(3-A-1) 「空条」を考えてみるとすでに非常に困難であることが分かります。「空」を横反転して「条」にしたいのですが、そもそも「空」が左右対称に近いので反転しても「空」と読めてしまうのです(「条」から見ても同じ)。一応、完全な左右対称ではないので、違いを強調する用にデザインすればできないとは言い切れませんが。
「承太郎」については「空条」よりは難易度は低いかもしれません。「郎」が左右対称ではないためです。

他のタイプは別の機会に。



ロリポップ!なら月々105円から
WordPressなどの簡単インストールやカート機能、
アクセス解析、ウェブメーラーも標準装備!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。