アンビグラムの作り方 (2) - Ambigram Laboratory

空条承太郎-totem(3)

(3) 最後の調整
前回できたものはこちら。

m-jojo-121.PNG

全体のバランスを考えると、上のほうが狭まっていますので、文字を中央寄りに傾けるほうが安定します。遠近感を出す感じですね。
あとは少々動きをつけてみました。

m-jojo-122.PNG

これで完成としておきます。比較的やりやすいお題でしたね。

(4) おさらい
新しいテクニックです。
・その文字の特徴を見つけろ(条の第1画目)
・雰囲気が出ていれば省略してもOK(郎のおおざと、承の3本横線)

文字の省略は、小さいポイント数で日本語フォントを見ると結構勉強になるのではないでしょうか。

以上でtotem編はおしまいです。


さらに引き続きmirror編もやってしまいます。

(続く)




ロリポップ!なら月々105円から
WordPressなどの簡単インストールやカート機能、
アクセス解析、ウェブメーラーも標準装備!

空条承太郎-totem(2)

(2) 承太郎
前にも述べたとおり、「承太郎」は「空条」よりも作りやすそうです。早速やってみましょう。

m-jojo-111.PNG

セオリー通り両端から進めます。くるりと丸めてこのような感じでしょうか。

m-jojo-112.PNG

おおざとではなくなりますが、全体としてとらえたときに読めれば大丈夫です。「太」はそのままで使うしかなさそうですので先に決定してしまいます。
ここで中心も決まったので逆方向にも攻めることができます。

m-jojo-113.PNG

「郎」のほうがバランスがおかしいですがあとで整えます。「承」の中央部分は縦棒×1と横線×3ですが、横棒を2本にして次のように対応付けできそうです。

m-jojo-114.PNG

1本足りなくなっても読めるので大丈夫です。大胆に行きましょう。
残りの部分は簡単ですね。

m-jojo-115.PNG

なんとか対応付けできました。
最後に少し調整します。

m-jojo-116.PNG

ちょっと「太」にも動きをつけてみました。
並べるとこんな感じです。

m-jojo-121.PNG

最後に微調整を入れましょう。

(続く)




ロリポップ!なら月々105円から
WordPressなどの簡単インストールやカート機能、
アクセス解析、ウェブメーラーも標準装備!

空条承太郎-totem(1)

「空条承太郎」をtotemタイプで作ります。
並べ方は最初に考えた通り。「空条」+「承太郎」でよいでしょう。

(1) 空条
totemは結局mirrorタイプの積み重ねです。以降の話はmirrorタイプでの創作でも共通してきます。
mirrorタイプで最も難しいのは、左右対称の(あるいはそれに近い)文字の形をどうするかです。左右対称の文字に対応付ける文字が左右対称から遠ければ、対応付ける文字の特徴を強調することで読みやすくなります。

m-jojo-101.PNG

「空」と「条」では、「条」のほうが左右対称から遠いです。特徴は第1画目の左はらいでしょう。まずはこの左はらいを強調しつつ対応付けます。

m-jojo-102.PNG

「空」のウ冠部分を決めてしまいます。

m-jojo-103.PNG

「空」の「八」の部分を対応付けます。「条」では交差している部分ですが、次のようにしておけばよいでしょう。

m-jojo-104.PNG

残りの部分は一気にやってしまいます。

m-jojo-105.PNG

「空」のウ冠部分を整えておきましょう。

m-jojo-106.PNG

なんとか形になりました。無理やり読んでもらうしかないできですね。

続いて「承太郎」に移ります。

(続く)



ロリポップ!なら月々105円から
WordPressなどの簡単インストールやカート機能、
アクセス解析、ウェブメーラーも標準装備!

空条承太郎(7)

(4) 最後の調整
最後の調整はあくまで、「私ならこうしてみる」というデザインですので、参考程度にしておいてください。

さて、前回できたのがこちら。

m-jojo-5.PNG

「空/郎」が読みにくいと思われるので調整します。線の重なりを利用すれば読みやすくなることがあります。
「承」も左右の線のバランスを変えてみます。あまりしっくりこないのですが。

m-jojo-61.PNG

これで完成としておきましょう。
単語に対する雰囲気としては、全体的に斜めになっているのがジョジョっぽい?「太」だけ見ればジョジョ立ちと言えないこともないかも知れません。

ほかにいじってみるとすると、

m-jojo-62.PNG

のように"JOJO"といれてみるとか、

m-jojo-63.PNG

のように「ゴゴゴゴゴ」とか、関連するものが絡むと楽しいですね。上の二つは作品としてのバランスがいまいちだと思いますが。

(5) おさらい
手順にそってポイントをもう一度。

・パーツの対応付けを見極める(「条」を「夂」と「木」に分解、など)
・点画の対応付けは端から過不足なく
・最初はバランスは気にしない(「空」と「郎」など)
・曲線をまるめて不足部分を作ってみる
・線の角度や位置は思い切って動かしてみる(「太」の右はらいなど)
・全体的な雰囲気の統一感を大事に(傾いた感じ)

ということでinversion編はおしまいです。


せっかくなので、引き続きtotem編へ。




ロリポップ!なら月々105円から
WordPressなどの簡単インストールやカート機能、
アクセス解析、ウェブメーラーも標準装備!

空条承太郎(6)

(3) 木/承

最後に中心部分を作ります。対象の中心を決める必要がありますので、両方並べてしまいましょう。

m-jojo-41.PNG

「承」の中から「木」を抜き出します。

m-jojo-42.PNG

「承」の左右にある画はあとで考えることにして、ちょっとわきに置いておきます。そうすると、「承」の頭の部分を点対称に作ることで、中心が決まりそうです。こんな感じにしてみましょう。

m-jojo-43.PNG

最後に、残りの部分を何とかしましょう。といっても、思い切って長くしてしまうくらいしかなさそうですね。

m-jojo-44.PNG

ほかの文字は傾斜した感じになっていたので、それに合わせて傾けておきます。

m-jojo-45.PNG

最後にすべての文字を並べてみます。

m-jojo-5.PNG

ひとまず形にはなりました。

最後に微調整を加えます。

(続く)



ロリポップ!なら月々105円から
WordPressなどの簡単インストールやカート機能、
アクセス解析、ウェブメーラーも標準装備!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。