左右対称の文字同士を鏡像アンビグラムにする3つの方法 - Ambigram Laboratory

左右対称の文字同士を鏡像アンビグラムにする3つの方法

以前、左右対称の文字同士をmirrorタイプのアンビグラムにするのは非常に困難であると書きました。それでも何とかしたいときはどうすればいいでしょうか。左右対称ではない部分を見いだせればいいのですが・・・

そういう時には次のことを考えてみましょう。何とかなるかもしれません。

a-amimami.PNG

1. 手書き風にする
フォントなどでは左右対称にデザインされていても、実際に手で書く時には左右対称ではない部分が現れるのが普通です。たとえば、「美」は右の点の方が大きくなるのではないでしょうか。
今回は、これを使って上の文字の余った点を処理してみました。




2.その文字を象徴する飾りをつける
おそらく、マッチングしたときに余ってくる点画があるので、その文字を象徴するような飾りにしてしまいましょう。
今回は髪型にしてみました。でも、元ネタがわからない人には全く意味がありませんよね。
そういう場合は次の方法があります。どんな作品に対しても有効な、非常に便利な方法です。




3.何の文字か宣言する
「亜美/真美」です。
そう言われればそう見えるものです。
これがアハ体験です。違うかも知れません。
【アンビグラムの作り方の最新記事】
この記事へのコメント
まさかこちらで亜美真美を見るとは!
「続きを読む」を見てビックリちまちた。
このアンビグラムを採点するならば「じってーん」と言わざるをえません。(笑
Posted by MISDIRECTION at 2008年04月18日 21:52
>MISDIRECTIONさん
双子でmirrorタイプはずっとやりたかったネタだったのですが、
やっぱり今をときめく双子と言えば亜美真美ですよねー。
喜んでくれて嬉しいよ、にいちゃん!!(笑
Posted by igatoxin at 2008年04月19日 20:01

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。