空条承太郎(0) - Ambigram Laboratory

空条承太郎(0)

創作編の最後に重要なことを書いておきましょう。

今回いただいたお題の「空条承太郎」は3つのタイプそれぞれ完成させることができましたが、これは運が良かっただけです(MISDIRECTIONさんGJ!)。どんな文字列でもアンビグラムにできるとは限らないということは想像に難くないでしょう。

要するに、アンビグラムにできるかどうかは素材選びにかかっているということです。どういう文字列ならできそうと言えるでしょうか?

私は大抵の場合、「点画の密度が同程度のかたまりが対応付けできるかどうか」で判断します。「かたまり」とは、偏と旁を分解することもあるのでそのように表現しています。

たとえば、銀杏は「金」と「艮」と分け、「金」と「杏」を対応付けています。
聖夜は「聖」の上の部分と「夜」の下の部分を対応付けています。「王」となべぶたは点画の密度こそ違いますが、形状をみてできそうだと判断しています。

あとは特徴的な部分の形がしっかりしていれば余計な点画がついていても読めます。昨日と明日でいうと「日」の部分の形がしっかりしているので、「乍」や「月」がそれなりでも読ませることができます。

アンビグラムのアイディアをいろいろ見ていれば、どんな文字列ならアンビグラムにできるかわかってくるでしょう。


以上の説明は創造的手法ですが、別の手法もあります。

一文字単位で簡単に対応付けできる文字の組をいくつか知っている場合、単語のすべての文字についてその対応付けが可能なものを発見するという方法です。

めんつゆおだまきなどがそうですが、創作という意味ではつまらないですね。


以上でひととおり順を追っての説明はおしまいです。他にも何か知りたい事ややってほしいネタがありましたらどうぞ。
この記事へのコメント
創作編、お疲れ様でした。
いろいろなテクニックがあるものだと感心しながら拝見していました。
何かネタを思いついたら、またリクエストさせて頂きたいと思います。

Posted by MISDIRECTION at 2008年03月16日 12:54
>MISDIRECTIONさん
非常にいいネタで、やりやすくて助かりました。
またのリクエストをお待ちしております。
Posted by igatoxin at 2008年03月20日 15:14
初めまして。
こちらで教えていただいたアンビグラムの作り方を使って初めて作ってみました。

思ったより論理的にできるのでびっくり!
そして出来上がりも予想よりよくてびっくり!
スタンプにして実際使ってみようと思っています。

ありがとうございました。

ところで、日本語の文字(特にひらがな)はアンビグラムにしやすいように思うのですが、どうでしょうか?
Posted by ま at 2008年05月30日 13:58
>ま さん
いらっしゃいませ。
自分で創作される方が増えると、ここの研究室を
やっている甲斐があったと思えてうれしいです。
これからもたくさん作っていただけるとうれしいですね。

日本語の文字はアンビグラムにしやすいのはその通りだと思っています。
ひらがなの方がやりやすいというのは、私も最初はそう思っていたのですが、やりこむにつれて漢字の方がやりやすいと感じてきました。
ローマ字よりやりやすいのは間違いないでしょう。
Posted by igatoxin at 2008年05月30日 17:03

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ランキングバナー

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。